トップ 差分 索引 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

志賀海神社

安曇野の風景と暮らし.lw


Topページ | 最新の日記 | 過去の日記 | お知らせ



志賀海神社

  • 「しかうみじんじゃ」
  • 海の守護神
  • 福岡県志賀島←金印「漢委奴国王」
  • 「龍の都」とも呼ばれる
  • 全国の綿津見神社の総本宮
  • 代々、祭祀を司るのは、阿曇氏
    • 阿曇族
      • 海人部(あまべ)の伴造(とものみやつこ)

祭神

阿曇磯良

  • 当初の祭神?
  • 阿曇氏の祖神であり、海の神
    • 「磯良丸」とも呼ばれた→船名に「丸」を付けるのは、これに由来するという説
    • 海底に住み、牡蛎や蚫が付いて醜い姿をしていたとも
    • 三韓出兵の際、竜宮城で借り受けた潮を操る「潮盈珠(しおみちのたま)・潮乾珠(しおひのたま)」を献上←亀の背に乗って現れた
      • 「潮盈珠・潮乾珠」を献上する際、自分の容姿を恥じて海から出て来ず、船上から住吉三神が呼び出したという話→綿津見神住吉三神の地位の逆転、つまり阿曇族の凋落を示す?
    • 「竜宮」伝説、「浦島太郎」伝説との関係
    • 「潮盈珠・潮乾珠」は、「山幸彦と海幸彦」にも出てくる←宮崎県の青島が舞台
      • 山幸彦の妻は、豊玉毘売神(トヨタマヒメ)=大綿津見神(オオワタツミ)の娘
      • 山幸彦は、妻と「竜宮」で過ごす→「浦島太郎」伝説の先駆け
      • 山幸彦は、「竜宮」で妻から「潮盈珠・潮乾珠」を渡される
      • 「竜宮」から戻った山幸彦の住居跡が、宮崎県の青島神社
      • 山幸彦と阿曇磯良の関連性、竜宮と志賀島の関連性は?
      • 山幸彦と海幸彦の父は、瓊瓊杵神(ににぎのかみ)←綿津見神とともに穂高神社の祭神

綿津見三神

  • 現在の祭神
  • 表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)
  • 仲津綿津見神(なかつわたつみのかみ)
  • 底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)

category

[神話,寺社,福岡県,安曇族]

運営サイト内検索


このページの最終更新日時

  • 2008年07月29日 13時36分20秒

このページのアクセス数(2006,08,01 設置→Wiki設置&設定

  • 1