トップ 差分 索引 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

泉小太郎

安曇野の風景と暮らし.lw


Topページ | 最新の日記 | 過去の日記 | お知らせ



泉小太郎

伝説

  • 昔、安曇野は山々に囲まれた大きな湖だった
    • 『信府統記』に「信濃国有明の里は景行天皇十二年まで湖だった」という内容
    • 地名として「蟻ヶ崎」(松本市)、「横出ヶ崎」(山形村)、「押野崎」(明科)など
  • 湖には犀竜が住んでいて、白竜との間に生まれたのが泉小太郎
    • 生まれた場所は、鉢伏山山岳
    • 日光泉小太郎とも
    • 父の白竜は、東の「高梨」(?)にある池に住む
  • 泉小太郎は放光寺山(松本市城山)で成長
  • 泉小太郎が母の犀竜とともに「山清路」(生坂村)の渓谷を切り崩して湖の水を今の犀川に流し、安曇野に平野部ができた
  • 犀竜の働きによってできた川なので「犀川」
  • その後、泉小太郎は「有明の里」(池田町十日市場川会)(?)で暮らし、子孫はおおいに栄えた

関連する場所

泉小太郎安曇

  • 安曇野に入って土地を開墾した安曇族の活躍そのものが、泉小太郎伝説となった?
    • 犀竜(龍)と安曇族の関係
      • 綿津見神の総本社、志賀海神社は「龍の都」と呼ばれる
      • 穂高神社奥宮の「御船神事」では、明神池に二艘の「龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)」の舟を浮かべる
      • 犀竜は、海の民だった安曇族の船(と生活スタイル)を象徴?

塩田平の伝説

  • 上田市西部の野倉地区の「沢山池」を舞台にした同様の伝説
  • 主人公は、小泉小太郎
  • 野倉には平家落人伝説もある
  • 「鞍が淵」
    • 上田市手塚の産川上流←上記の野倉地区と同じ?
    • 最寄り駅:上田電鉄別所線舞田駅
    • 松谷みよ子の『龍の子太郎』では、太郎を産んだ大蛇が住むとされる

龍の子太郎

  • 著者:松谷みよ子
  • 1960年発行
  • 第1回講談社児童文学新人賞、国際アンデルセン賞優良賞などを受賞
  • 泉小太郎伝説もそのモチーフのひとつ

category

[伝説,安曇野,安曇族,長野県]

関連ページ

穂高穂高神社泉小太郎

運営サイト内検索


このページの最終更新日時

  • 2008年07月29日 13時37分44秒

このページのアクセス数(2006,08,01 設置→Wiki設置&設定

  • 1