トップ 差分 索引 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

diary/2007-10-23

安曇野の風景と暮らし.lw


Topページ | 最新の日記 | 過去の日記 | お知らせ



2007-10-22 << diary >> 2007-10-24

お気に入りの場所で

南側の窓辺でくつろぐクー。柔らかい日射しを浴びて、クーの周囲はどれもこれもぽかぽかと暖かそうです。

ハウスの中の稲、その後

まずはコチラ。→2007,08,28 「ハウスの中の稲」

で、同じビニールハウスのその後の様子です(撮影位置は少し異なります)。

ハウスの中にハザ掛けまであります。切り株の状況から、機械ではなく手で刈り取ったように見えました。

なつかしの家電コレクション

バンダイから食玩の新シリーズとして「なつかしの家電コレクション〜松下電器歴史館編〜」が11月上旬に発売されるそうです。詳しくはコチラ。

relax

手元にある辞書でrelax(リラックス)の意味を調べてみると、「力を抜く」、「精神的な緊張を緩める」などと書かれてあります。

どうしてこんなことを持ち出したかというと、TOYOTAの"Vitz(ヴィッツ)"というクルマのラジオCM(テレビでも放送されているのかもしれません)で、女性(ゴクミでしょうか)による「("Vitz"を運転するのは)私には貴重なリラックスタイムなの」というようなセリフがあるんですよね〜。そして、「運転する人にリラックスを・・・」というナレーションが続きます。で、違和感を感じてしまうわけです。要するに、公道に出たら真剣に運転して欲しい、運転中にリラックスしてる場合なのか、と。

自分はバイクもクルマも運転しますし、またそれらを運転することでお給料を頂いていた経験(バイク便やトラック輸送)もありますが、業務であれ趣味であれ、バイクに乗る、クルマの運転席に座るというのは、だらけた日常生活のなかで気持ちをシャンとさせる機会ではあっても、決して「精神的な緊張を緩める」ようなものではないですね〜。

特にバイクに乗る時というのは、むしろ集中力や緊張感の持続性を確認するとか、緊張感自体を楽しむというような意味合いもあって、それなりの衣服に着替えてグローブをつけたりヘルメットを被ったりという身支度をしているうちに心身がシャキッとしてくる気がします。このあたりはその気があればパジャマにサンダルというスタイルでも運転できてしまうクルマとは大きく違うところです。

"Vitz"を見かけたら、その挙動には要注意かもしれません。

大豆のハザ掛け

田んぼですが、干してあるのは稲ではなくて大豆です。ソバの刈り取りも始まりましたし、田畑で育てられている作物の種類がだいぶ少なくなってきました。

SpotInside アップデート

ImageWell アップデート

きょうの安曇野は・・・

朝8時の気温は、7℃でした。ここ数日では比較的暖かく感じられた朝でした。

バイクで走っていると、所々で濃い霧が発生していて、視界が150mくらいしかないような場所も。こういう時はカーブミラーが結露しているような状態で全く役に立たないのですが、こんな状況下でも無灯火で走るクルマや自転車の多いこと(バイクは常時点灯です)。事故を誘発したいのでしょうか。

普段もウィンカーを出さなかったり、出してもすでに曲がり始めてからだったり・・・。松本・安曇野地域のドライバーには、ハンドルの右側に飛び出している棒を何かの飾りだと思っているヒトが多過ぎです。教習所でクルマの基本的な操作とか教えていないのですかねぇ。

きょうも晴れていますが、雲が多めです。北アルプスも雲に隠れてしまっています。

昨年のこの日は、このような文章と写真をUPしていました。『2006年10月23日更新の「安曇野の風景と暮らし.ex」』

2007-10-22 << diary >> 2007-10-24

運営サイト内検索


このページの最終更新日時

  • 2008年07月29日 13時43分08秒

このページのアクセス数(2006,08,01 設置→Wiki設置&設定

  • 1